Concept

WAttention Plaza とは

世界から注目される日本の文化、芸術、商品、工芸品、コンテンツ、ライフスタイルなどを東南アジアのハブであるシンガポールから発信できる場所、それがWAttention Plazaです。実際に手に取って、さわって、匂いをかいで、食して、体験して、その場で購入も可能な催事場です。場の提供だけでなく、日本とアジア市場への架け橋として、自治体、企業の世界へ向けたブランディングと市場創造、海外進出のお手伝いもいたします。

なぜシンガポールなのか?

世界第一位のビジネス環境であり、アセアンのみならず、いまや世界のゲートウェイです。

アジアのハブ

東南アジアのハブ都市として昔から知られており、多くのシンガポールに拠点を持つ企業が、インドネシア、マレーシア、タイ、ミャンマー、ベトナムなどでのビジネスを行っており、まさに東南アジア中の人・モノ・情報が生き交っています。昨今はシンガポールと中国との結びつきの強さから中国大陸市場へのゲートウェイとしても注目されています。

ビジネス環境は世界一となっています。シンガポールは一人当たりのGDPはアジアNO1であり、多民族国家です。また、投資家保護や税制面の優遇から世界中の富裕層が集まる国としても知られており、海外進出を考える世界中の企業にとって、テストマーケティングの場として最高ランクに位置づけられています。

参考:http://www.doingbusiness.org/rankings

最大規模のショッピングセンター
Jurong Point

注目度の高いシンガポールの中でも、WAttention PlazaのあるJurong Pointは、月平均500万人以上の人が利用するシンガポール最大規模のショッピングセンターで、マスマーケティングには絶好の場所に位置しています。

WAttention Plazaを運営する
PJEについて

PJE(Promote Japan Enterprises)はシンガポール最大規模の和食チェーンを長年に渡り経営してきたRE&S社、現地在住日本人に人気No.1の日本語情報誌の発行や日本の文化や観光情報を英語で発信しているMinook International社、海外での事業経験豊富な和テンション株式会社のジョイントベンチャーです。私たちの知見をベースに、海外進出に真剣な日本企業にアドバイスを行えます。

RE&S

島内50ヶ所以上の飲食事業所と200社以上の現地でのベンダーネットワーク

1988年よりシンガポールで外食事業を立上げ、現在ではシンガポール、マレーシア、ロシアで約60店舗を展開する。
1988年より和食に特化して、シンガポールより順次拡大し、現在11店舗ブランドで60店舗を3カ国で展開している。
RE&S

Minook International (S) Pte Ltd

シンガポール国内で800店以上の飲食店ネットワークがある

1997年設立の日系企業で、日本語フリーマガジン「マンゴスティン倶楽部」と英字フリーマガジン『WAttention Singapore Edition』を発行。ヨガ教室やバレエ教室、お菓子教室などのカルチャースクールの運営や各種イベントの企画運営、ウェブサイト制作・運営管理、イベント企画、リサーチ事業など多岐に渡る事業を展開している。1998年から本社はシンガポールに。
Minook

和テンション

世界10カ国に日本を紹介するフリーマガジン『WAttention』を発行

日本の文化・コンテンツ情報を正しく世界に発信することをミッションとし2011年に日本にて設立。訪日外国人観光客向けの『WAttention Tokyo』をはじめ、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、香港、台湾、米ロサンジェルス、フランス、インドにて、日本に興味を持つ外国人向けに年間160万部を発行。日本では唯一海外展開を行っているフリーマガジンとして知られる。
WAttention